DeHorang株式会社

  • よくあるご質問

独立支援制度 インタビュー 独立支援制度を利用している・これから利用
しようと考えているスタッフにインタビュー

自分で作り出していきたい!と感じさせて くれる環境

従業員で指示を受けて仕事をするよりも、自分で考えてお店を作っていきたいと思ったのが独立しようと思ったキッカケです。
肉焼屋で働いていくうちに、焼肉で成功してしっかり稼いでいけるというのを実感できたのもその1つです。

三井社長と知り合ったのは18の頃です。別の焼肉店にアルバイトで働いていた頃、三井社長がその店舗で働いていました。
そこから実際に三井社長が独立をされていく姿を見ていたので刺激を受け、自分で作り出していく経験を自分もしていきたいと感じました。

成功していきたいという思いと、働いた分の稼ぎをしっかりと出していきたいし、お客さんの笑顔を見れるのがすごく魅力的です。
うまくいった時や、いかなかった時の責任も全部自分が背負うことになりますが、その分、とてもやりがいがある仕事だと思います。

社長の人柄とビジョンに惚れました

独立を具体的に意識したのは最近です。
DeHorang株式会社に入社したのも最近なんです。18歳からずっと別の焼肉屋さんで働いて、1年間だけ違う仕事をしていました。その頃三井社長はもう独立されてたんですが、飲みに誘ってもらって相談にも乗ってくれました。その時にアドバイスだけでなく、独立の具体的なプランも提案してもらい、仕事に対する想いや熱意、ビジョンを聞いていくうちに、三井社長の下でやっていきたいと思い入社を決めました。
そこから自分も独立してやってみたいと思うようになったのがキッカケですね。

独立をする時の不安要素はたくさんあります。
まず、肉焼屋がなかったら、独立は考えていませんでした。
仕入先の事、借り入れ、独立していくまでに組み立てていく事を支援していただけるというのがすごく助かりました。
実際に、肉焼屋で仕入れているお肉の値段で仕入れをするのは難しいというのは感じていたので、そこのルートを作っていただけるのはすごく助かります。
初めて焼肉屋で独立をしていくとなると、やっぱり仕入れは割高になっていくので。

社長を越えていきたい

まずはDeHorang株式会社でしっかりと学ぶものを学び、DeHorangグループでもステップアップしていきたいです。
そして、三井社長のようになりたいという憧れももちろんあるんですけど、それ以上に三井社長を越えたいです。

肉焼屋の良いところはいっぱいあるります。
その中でも1番は…従業員同士が仲が良いことですね!

page top

page top